「RSSリーダー、MMRSS」

(最終更新日: 2015/10/20 12:30 EST)

ホームへ  お問い合わせ e-mail


 ●制限・注意事項 ★ご注意を★ 必ずお読みください。
 ●シェアウェア・ユーザー登録


 ・2015/10/20 MMRSS Ver4.00 1742kb (RSSリーダー) 説明書 補足説明書

■追加機能や修正箇所
2015/10/20 Ver 4.00
・Windows10 への対応。
・RSS受信先ファイル(Rssfeed.dat)の更新。
・「MMRSS テキストヘルプ」と「MMRSS HTMLヘルプ」を追加。
 (メニュー→その他)
・PC-Talker10 への対応。

2013/06/19 Ver 3.02
・PC-Talker8 V2 への対応。

2013/02/12 Ver 3.01
・記事データが極端に長い場合に、うまく表示できないことがある件の修正。

2012/12/28 Ver 3.00
・Windows8 へ対応しました。

2012/01/31 Ver 2.05
・記事データの表示時にRSS配信サイトがアクセスできるかをチェックして、
 アクセスできない場合は、その旨のメッセージを出すようにしました。

2011/11/07 Ver 2.04
・新規チャンネル作成で、RSS配信サイト以外のURLアドレスを指定した場合に
 フリーズすることがある件の修正。

2011/08/16 Ver 2.03
・URLアドレスでの指定ブラウザの起動での、3行以上に折れ曲がって
 表示されているURLアドレスでも正確に認識できるようにしました。

2010/11/15 Ver 2.02
・VDMW700 Ver2 への対応。

2010/10/22 Ver 2.01
・PC-Talker の最新版への対応。

2009/10/30 Ver 2.00
・Windows7へ対応しました。今回は無料バージョンアップです。

2009/05/13 Ver 1.03
・終了時のツリービューのフォルダの開閉状態を、次回の起動時に再現するように
 しました。
・リンク先HTMLをテキスト表示時のデータ読み込み部分を改良しました。

2008/10/23 Ver 1.02
・ポッドキャストの視聴ファイルがある場合は、リストビューへ移動時に、
 その旨のアナウンスをするようにしました。
・また、リストビューからアプリケーションキーを押して右マウスメニューを
 出して、EnterキーまたはPキーを押して、ポッドキャストの視聴ファイルを
 聴けるようにしました。
・ポッドキャストのリンク先が直接音楽ファイルの場合にうまく再生できない
 件の修正。
・新規チャンネルの作成で、全体のチャンネル名がうまく取れないことがある
 件の修正。

2008/10/16 Ver 1.01
・ポッドキャストのURLを指定してチャンネルを作成し、ポッドキャストの放送を
 聴けるようになりました。
・白黒反転で表示 のメニュー項目で8個の反転表示モードを選択できるように
 しました。(メール→白黒反転で表示)
・11個のフォントサイズを選択できる フォントサイズ のメニュー項目を追加。
 (その他→フォントサイズ)
・新規チャンネルの作成で、存在しないURLを指定した場合に空のフォルダが
 できることがある件の修正。

2008/09/18 Ver 1.00 正規版
・本ソフトはこのバージョンから★有料の正式版です、シェアウェアの有料ソフトです。
・リンク先HTMLをテキスト表示のモード時に、リンク先のページが複数ページの
 場合でもすべてのページ内容を表示できるようにしました。
 設定は、ファイルメニュー→チャンネルプロパティの
 連続したページの検索文字列(正規表現)でおこないます。
・URLにアンカー(#1234等)がある場合は、記事内容をアンカー位置より表示する
 ようにしました。
・チャンネルプロパティへ、チャンネルごとに記事の4種類の表示形式が
 切り替えられる設定を付加。(ファイルメニュー→チャンネルプロパティ)
・記事リストの日付順での並び替えがうまくできない件の修正。

2008/08/05 Ver 1.00 2008/08/05日付 試用版
・プロキシサーバを使用する のスイッチを付加しました。(全般的な設定の接続)
・本文中のURL表示を表示するようにしました。
・文字コードが認識できなかった一部のページを読めるようにしました。
・新規チャンネルの作成後にグループ受信がうまくできないことがある件の修正。

2008/07/30 Ver 1.00 2008/07/30日付 試用版
・フォルダの構成に変更があった場合は、更新前にRSS受信先ファイル(Rssfeed.dat)
 をバックアップフォルダ(mbakup)へコピーするようにしました。
・リンク先HTMLをテキスト表示のモード時に、メール表示内容窓からのCtrl+矢印キー
 での記事の移動時に、未読の記事が既読にならない件の修正。

2008/07/28 Ver 1.00 2008/07/28日付 試用版
・ファイルメニューへ チャンネル受信履歴の削除 の項目を追加。
・複数の記事データの削除の場合には、確認のメッセージを出すようにしました。
・フォルダの削除での確認メッセージ内容を、グループとチャンネルでは、
 わかりやすいように異なる正確な内容で表示するようにしました。
・グループ名の変更を行うと、その下のチャンネルへ移動したときに、データが
 読み込めずにフリーズする件の修正。

2008/07/23 Ver 1.00 試用版
・初版の発表
・本ソフトのこのバージョンは試用版ソフトです。
・使える期間制限があります。
--


当社製のシェアウェアやフリーソフトのダウンロードや講習会などでの取り扱いについて
MMソフトや音声でパソコン利用の情報交換のメーリングリスト[miya2]MLのご案内



●シェアウェア・ユーザー登録


 MMRSS は、シェアウェアの有料ソフトです。
 本プログラムの試用期間は30日間です。
 継続して使用される場合は、ユーザー登録してライセンスをご購入頂く必要があります。

 ライセンスをご購入頂いた方にはユーザー登録として、ユーザー様専用のユーザーIDを
 メールで通知いたします。 また、ユーザーサポートが受けられます。

  ○■ユーザー登録のライセンス購入、税込み料金
     \6,500円(1ユーザー)

 ○公的な機関や会社法人でライセンスを購入される場合、請求書等が必要な場合は、
  その旨のご連絡をしてもらえば対応いたします。
  一回の郵送につき(ライセンス料+手数料(1000円))+合計の消費税 となります。

 ○領収書は送金時の明細書をお使いください。
  ご要望があれば郵送も致しますが、その場合は、手数料をいただきます。
  一回の郵送につき(ライセンス料+手数料(1000円))+合計の消費税 となります。



●制限・注意事項 ★ご注意を★ 必ずお読みください。


○はじめに
 本ソフトウェアをインストールして使われている場合は、
 下記の内容を必ずよく読まれてください。また、お友達や他の方にインストール
 してあげる場合は、責任を持って以下の内容をきちんとお伝え願います。
 本ソフトウェアをインストールして使われている場合は、以下の内容を読まれていて
 かつ、以下の内容に同意したものと見なします。
 なお、本ソフトはお試し期間もありますが、有料ソフトです、
 下記の内容を必ずよく読まれて、ご納得できる場合のみ購入するようにして下さい。

○本ソフトウェア、MMRSSについて
 本ソフトウェアは、インターネット上でRSS配信されているデータを受信して
 閲覧するためのソフトウェア、RSSリーダーです。
 現在、インターネット上では、ニュースや個人のブログ等がRSS形式で、
 たくさん配信されています。
 そのようなデータを受信して効率よく見るためのソフトです。
 お好みのニュースソースや興味ある方のブログを登録しておいて、
 日々更新される情報を受信して簡単に見ることができます。

○バージョンアップについて
 本ソフトウェアは、機能向上や使い易さを求めて機能アップを進めていくつもりです。
 また、使われている皆さんの要望やご助言、ご意見を元にバージョンアップを続けて
 いきたいと思っています。ただし、開発者の開発能力やその他の理由により、
 予告なく開発・公開を中止する場合があります。
 また、バージョンアップは有料の場合もあります。
 その場合はホームページや配布説明書に詳しい内容が明記されると思いますので、
 よく読まれた上で、ご納得の上でバージョンアップを行われてください。


○★注意事項

 1.著作権
  本品の実行ファイル、サンプル、データ、プログラム及びドキュメントなど
  配布ファイルに関する著作権を含む一切の権利は、以下のとおり著作権者が有します。
    Copyright(C) 2008
    Yoshiaki.Miyazaki(宮崎 嘉明) 〒831 福岡県大川市向島 2274-1

2.転載・再配布の条件
オリジナルのファイル、ドキュメントを一緒に配布する。
バージョンアップがなされた場合はそのフォローを行う。
  転載・再配布する場合は、必ず事前に作者に連絡して許可を得て下さい。

 3.使用条件
  ★本品、本ソフトウェアが有料ソフトのシェアウェアとなった場合は、
  継続して使用される場合はライセンス料を送金して、ユーザ登録が必要です。
  また、送金されてユーザー登録された場合は、ユーザー様専用のユーザーIDを
  ご本人のメールアドレスにメールで送付いたします。
  そして、何等かで私からユーザーIDの提示をお願いすることがあるかもしれません
  その場合は、ユーザー様ご確認のためにも、IDの提示を願いいたします。

  著作権者の許可無しに本品の営利目的ソフト、書籍へのバンドル等の販売行為は
  禁止します。営利目的の譲渡は禁じます。
  また著作権者の許可無しに本品に改造を加える行為もできません。
  解析、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、修正等は一切禁止します。
  これらに関して必要な場合には著作権者にご一報のうえ許可を受けて下さい。
  なお、許可に関してはその目的により相応の使用料・掲載料・手数料を申し受ける
  場合があります。
  また、許可範囲をこえて本ソフトウェアを利用された場合は、相応の対価を
  申し受けます。

 4.使用責任
  ご利用者が期待される効果を得るための本品の選択、本品の導入、使用、使用結果
  につきましては、著作権者は一切の責任を負い兼ねます。
  ご利用者が責任をもって使用してください。 なお、当該使用条件について
  ご納得いただけない場合には、本品の使用を中止し、本品に関する全てを破棄して
  ください。

以上の項目に同意いただけない場合は、直ちにインストールを中止し、
本品、本ソフトウェアに関する全てを破棄してください。



おわり   404